どのような症状なのか

アレルギー性皮膚炎の症状は、どのような原因と体質によって引き起こされたのかによってかなり違います。アトピー性皮膚炎は、様々な要因を総称してアトピー性皮膚炎というのですが、かゆみ、湿疹などが頭皮、顔、耳など、全身に現れます。特徴としては左右対称という特徴です。ジュクジュクと水を持つ湿疹になる事も多く、耳の上の部分が切れてしまう事も少なくありません。こうなると炎症を起こしてしまう事も多いので、お薬無くして治る事は少なくなります。

食べ物によるアレルギー性皮膚炎で怖いのがアナフィラキシーです。これは全身性症状と呼ばれるもので、かゆみや湿疹位ならいいのですが、くしゃみ、鼻水などの呼吸器系の症状が発生し、ひどくなると全身に症状が出てきて呼吸困難になる恐れもあります。症状が重く出る方は、お薬を常に形態しておく必要があります。時に命にかかわる事もありますので、症状が出てしまったら、即時救急車を呼び、適切に専門医に魅せるようにしましょう。

接触性皮膚炎は、金属や植物などアレルゲンとなるものに触る事でその接触した部分がかゆみ、痛み、赤み、湿疹などを引き起こす皮膚炎です。接触してからすぐに湿疹などの症状が出ることは少なく、一般的に数時間してから現れることが多いのです。

Pocket

なぜアレルギー性皮膚炎になるのか

アレルゲンを引き起こす原因物質はさまざまで、時に食品、また薬や花粉、ハウスダスト、猫の毛などもアレルギー性の皮膚炎の原因となります。これらがアレルゲンと呼ばれるものです。しかし、 アレルギー性皮膚炎という場合、体内に物質が入ってくるという事のほかに、金属や植物に触れる、また化粧品などによっても引き起こされることがあります。

このアレルギー性皮膚炎は、遺伝的要素があり、ご家族の中にアレルギー性皮膚炎の方がいると、お子さんも発症することが多いといわれます。アレルゲンやそのほか、アレルギーになる金属や植物に触れると、アレルギーによってかゆみなどが出てきますが、このアレルギー性皮膚炎の場合、やっかいで、精神的なストレスなどが要因となって、出てくることもあります。

酷く疲労している時、今までアレルギーが起った事がない物質でも、いきなりかゆみが発生し、湿疹が出てくるという事もあるのです。精神的なストレスや、疲労の蓄積などによって、免疫機能が不安定になり発症する、またそれまでなんともなかったのに、いきなり遺伝的要素が出てくることも少なくありません。

化粧品などによってかぶれたようになっているのも、アレルギー性皮膚炎の場合が多いので、皮膚科にかかる事でかなり改善できます。専門的治療を受けることで、原因がしっかり判明するという事もあるので、アレルギーの専門クリニックを利用するようにしましょう。

Pocket

アレルギー性の皮膚炎とは

アレルギー性の皮膚炎には、様々な要因がありますが、特に小さいお子さんがこの症状を発症することが多く、かゆみが強い、時に炎症を起こして痛みがあるなど、親御さんが見ているのはかなり辛い状況となります。お薬を塗るなどの処置で一時的によくなりますが、アレルギー性の皮膚炎は、長い期間付き合っていく必要がある症状です。

なぜアレルギー性の皮膚炎を起こすのかというと、私たちの体に備わっている免疫機能が関係しています。外部から敵が侵入してきたとき、内部に入ってこないように、細菌やウイルスなどを排除しようとする際に、免疫機能が働きます。

ただ、何かの要因で食品や薬などのほとんど危険性がないものに反応してしまう事があり、その場合、反応が過剰に出ることが多く、この状態がアレルギー性の皮膚炎の状態です。全く体に害がないはずなのに、防御反応を引き起こすのがヒスタミンという物質です。ヒスタミンは健康な細胞まで攻撃してしまうので、かゆみ、痛み、湿疹などが起るのです。

かゆみはかなり強く出る事が多く、時に、痛みを伴います。お子さんなどはかゆみを我慢できずにかきむしり、出血、炎症を起こしてしまう事も多いです。ひどくなるとなかなか治りにくいので早めに対応する事が必要です。

Pocket

皮膚炎はさまざま

最近はアレルギーを持つ方が多くなり、アレルギー性の皮膚疾患に悩む方が非常に多くなっています。特にお子さんの中には、アトピーやそのほかの皮膚疾患で悩む方が非常に多いのです。

皮膚炎というのはどういうものなのかというといくつかの皮膚炎があります。接触性皮膚炎はむかしよくかぶれといわれた症状です。何かに接触した部分が炎症を起こし、皮膚LCCとなるもので特徴としては、皮膚炎を起こしている部分との境界が非常にはっきりしているという特徴があります。

内因性湿疹は、免疫力や遺伝、また体の内部に原因があるものを内因性湿疹と呼びます。免疫力が弱くなっているとやはり皮膚炎になりやすくなりますし、遺伝的要素を持っている場合もあります。

皮脂欠乏性湿疹は、乾皮症とも呼ばれるもので、皮膚のバリア機能が損なわれているため、皮膚がひどく乾燥し角質がはがれた状態になっていることを指します。皮膚がガサガサした状態になり、見るからに白く粉をふいたようになります。冬場になると皮膚がさらに乾燥し、かゆみを伴い出血する事も多いです。

脂漏性湿疹は逆に皮膚に皮脂が多い状態となっています。鼻のまわりなどによく出現します。この他、ビダール苔癬と呼ばれる強いかゆみを持った神経皮膚炎、また尋常性湿疹というこれまでに説明した皮膚炎に属さないものがここに分類されます。

様々な湿疹がありますが、原因はさまざまで湿疹全般にいえることとしては、肌のバリア機能が何かの原因によって崩れてしまうという事が炎症をひどくしてしまうのです。最近多くなっているアレルギー性皮膚炎などについてこのサイトでよく理解していただけると幸いです。

Pocket