なぜアレルギー性皮膚炎になるのか

アレルゲンを引き起こす原因物質はさまざまで、時に食品、また薬や花粉、ハウスダスト、猫の毛などもアレルギー性の皮膚炎の原因となります。これらがアレルゲンと呼ばれるものです。しかし、 アレルギー性皮膚炎という場合、体内に物質が入ってくるという事のほかに、金属や植物に触れる、また化粧品などによっても引き起こされることがあります。

このアレルギー性皮膚炎は、遺伝的要素があり、ご家族の中にアレルギー性皮膚炎の方がいると、お子さんも発症することが多いといわれます。アレルゲンやそのほか、アレルギーになる金属や植物に触れると、アレルギーによってかゆみなどが出てきますが、このアレルギー性皮膚炎の場合、やっかいで、精神的なストレスなどが要因となって、出てくることもあります。

酷く疲労している時、今までアレルギーが起った事がない物質でも、いきなりかゆみが発生し、湿疹が出てくるという事もあるのです。精神的なストレスや、疲労の蓄積などによって、免疫機能が不安定になり発症する、またそれまでなんともなかったのに、いきなり遺伝的要素が出てくることも少なくありません。

化粧品などによってかぶれたようになっているのも、アレルギー性皮膚炎の場合が多いので、皮膚科にかかる事でかなり改善できます。専門的治療を受けることで、原因がしっかり判明するという事もあるので、アレルギーの専門クリニックを利用するようにしましょう。

Pocket

Published by