どのような症状なのか

アレルギー性皮膚炎の症状は、どのような原因と体質によって引き起こされたのかによってかなり違います。アトピー性皮膚炎は、様々な要因を総称してアトピー性皮膚炎というのですが、かゆみ、湿疹などが頭皮、顔、耳など、全身に現れます。特徴としては左右対称という特徴です。ジュクジュクと水を持つ湿疹になる事も多く、耳の上の部分が切れてしまう事も少なくありません。こうなると炎症を起こしてしまう事も多いので、お薬無くして治る事は少なくなります。

食べ物によるアレルギー性皮膚炎で怖いのがアナフィラキシーです。これは全身性症状と呼ばれるもので、かゆみや湿疹位ならいいのですが、くしゃみ、鼻水などの呼吸器系の症状が発生し、ひどくなると全身に症状が出てきて呼吸困難になる恐れもあります。症状が重く出る方は、お薬を常に形態しておく必要があります。時に命にかかわる事もありますので、症状が出てしまったら、即時救急車を呼び、適切に専門医に魅せるようにしましょう。

接触性皮膚炎は、金属や植物などアレルゲンとなるものに触る事でその接触した部分がかゆみ、痛み、赤み、湿疹などを引き起こす皮膚炎です。接触してからすぐに湿疹などの症状が出ることは少なく、一般的に数時間してから現れることが多いのです。

Pocket

Published by