皮膚炎はさまざま

最近はアレルギーを持つ方が多くなり、アレルギー性の皮膚疾患に悩む方が非常に多くなっています。特にお子さんの中には、アトピーやそのほかの皮膚疾患で悩む方が非常に多いのです。

皮膚炎というのはどういうものなのかというといくつかの皮膚炎があります。接触性皮膚炎はむかしよくかぶれといわれた症状です。何かに接触した部分が炎症を起こし、皮膚LCCとなるもので特徴としては、皮膚炎を起こしている部分との境界が非常にはっきりしているという特徴があります。

内因性湿疹は、免疫力や遺伝、また体の内部に原因があるものを内因性湿疹と呼びます。免疫力が弱くなっているとやはり皮膚炎になりやすくなりますし、遺伝的要素を持っている場合もあります。

皮脂欠乏性湿疹は、乾皮症とも呼ばれるもので、皮膚のバリア機能が損なわれているため、皮膚がひどく乾燥し角質がはがれた状態になっていることを指します。皮膚がガサガサした状態になり、見るからに白く粉をふいたようになります。冬場になると皮膚がさらに乾燥し、かゆみを伴い出血する事も多いです。

脂漏性湿疹は逆に皮膚に皮脂が多い状態となっています。鼻のまわりなどによく出現します。この他、ビダール苔癬と呼ばれる強いかゆみを持った神経皮膚炎、また尋常性湿疹というこれまでに説明した皮膚炎に属さないものがここに分類されます。

様々な湿疹がありますが、原因はさまざまで湿疹全般にいえることとしては、肌のバリア機能が何かの原因によって崩れてしまうという事が炎症をひどくしてしまうのです。最近多くなっているアレルギー性皮膚炎などについてこのサイトでよく理解していただけると幸いです。

Pocket

Published by